読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

確定申告でよくある質問:『青色申告にすると、どんな良いことがあるの?』 

個人で仕事をしている方(自営業、個人事業主)は、毎年、確定申告をしないといけません。

f:id:gyouseishoshikyuujin:20160226122707j:plain

 

 僕は、そういった個人事業主さんの確定申告を代行する仕事をしているのですが、必ずと言っていいほど聞かれる質問があります。

 

青色申告と白色申告ってどっちがいいの?」

という質問です。

 

答えとしては、「あなたにとってお得な方を選べばいい」となるのですが、それぞれどんなメリットがあるのか分からないので、具体的に説明をすることが多いです。

 

青色申告や白色申告のメリット・デメリットは色んなサイトで細かく書かれていますが、正直、初めての人が読んだら、分かったような分からないような内容のものが多い気がします。

 

そこで、ここでは細かいことをたくさん書かずに、青色申告で一番メリットのある『特別控除』だけに絞って書いてみたいと思います。

 

青色申告で一番のメリットは、税金が安くなること

 

f:id:gyouseishoshikyuujin:20160228121052j:plain

 

青色申告だと、所得から65万円が引かれる(特別控除)という話を聞いたことがありませんか?

 

それが、青色申告をする一番のメリットなのですが、その前に、税金がどうやって計算されているかを知っておく必要があります。

 

税金の額は、あなたの所得で決まります。

所得が高ければ税金を多く払い、所得が低ければ少しで済みます。

 

所得とは、あなたの売上(収入)から経費(支出)を引いたものです。

つまり、所得とは、あなたが仕事をして稼いだ儲け(手取り)のことです。

 

たとえば、売上が100万円で、経費が40万円だとしたら、所得は60万円です。

 

この60万円の所得に税金がかかるのです。(正確には、所得控除をした後の課税所得に税金がかかります。)

 

ところが、青色申告だと、この所得から65万円を引いて税金を計算してくれます。

 

そうすると、所得60万円 - 特別控除65万円 = 0円になり、税金はかかりません。

 

白色申告だと、特別控除も何もないので、所得60万円に対しての税金を払うだけになります。

所得が60万円だと所得税が約3万円、住民税が約6万円の合計約9万円の税金がかかります。

 

上のケースで言えば、青色申告だと無税。白色申告だと年間約10万円の税金を払うことになります。これだけでも青色申告のメリットを感じられると思います。

 

ちなみに、自営業の方は国民健康保険国保)に加入している方も多いと思いますが、

国保の保険料も所得をもとに計算されているので、65万円の特別控除は税金だけでなく、国保の節約にもなるのです。

 

節税は、お金を出さないとできません。

たとえば、節税に絶大な効果がある小規模企業共済は、将来的に掛金が戻るとは言え、実際に掛金を払う(財布からお金を出す)必要があります。

 

shachou-yobikou.hatenablog.com

 

ところが、青色申告の特別控除は、実際にお金を払うことなく、税金を安くすることができる超お得な制度なのです。国は白色申告よりも青色申告を推奨していますから、使わない手はありません。