従業員を雇用保険に加入させないとどうなる?

従業員を雇っている会社で、労働保険(労災・雇用)に加入していないというところは少ないと思います。社会保険よりも保険料は安いし、労災があったときにさすがに困るからでしょうか。

 

f:id:gyouseishoshikyuujin:20160214201836j:plain

 

でも、会社は雇用保険に加入しているけれど、対象になる従業員全員を雇用保険に加入させていない、というケースがたまにあります。

 

「税金に比べれば、少しくらいごまかしても大丈夫でしょ」

と社長は思っているのかもしれませんが、雇用保険逃れは、会社にとって非常にリスクのある行為なのです。

 

 

たとえば、正社員は雇用保険に入れているけど、パート・アルバイトの従業員は入れていない、という感じです。

 

雇用保険は、週20時間以上働く従業員が対象になります。(31日以上継続雇用される場合)

なので、パートさんやアルバイトでも、週5日働いている方であれば、1日4時間しか働いていなくても雇用保険に入れないといけません。

ただし、学生アルバイトの方等は除きます。

 

加入対象になる従業員を雇用保険に入れていないとどうなるか、、、

 

1.最大2年間さかのぼって保険料を取られる

雇用保険の調査というのがあって、ハローワーク労働基準監督署の調査が入ります。

そこで加入逃れがバレると過去2年前までさかのぼって保険料を取られ、対象になる従業員の資格取得手続きをさせられます。

 

実際のところ、雇用保険の調査というのは社会保険の調査に比べるとほとんどなく、僕も2回しか経験したことはありません。うち1回は、パート従業員20名くらいの雇用保険逃れをしていた会社が調査を受けたときで、もう1回は、会社が雇用保険に入っていないことを従業員がハローワークに相談して労働局の調査が入り、2回とも僕が会社の代わりに対応しました(汗)

 

社会保険の調査に比べると、監督署や労働局の調査官もかなり面倒くさそうで、モチベーションが低い感じがしました。

 

でも、僕が雇用保険逃れで怖いとおもっているのは、お役所ではないのです。

 

2.本当に怖いのは、従業員とのトラブル

 先ほど、会社が雇用保険に入っていないことを従業員がハローワークへ相談して、会社に調査が入ったと書きました。

 

ほとんどの従業員は、働いているときは、自分が雇用保険に入っているかどうかあまり気にしていません。「何百円か給料から引かれてるなぁ」くらいにしか思っていないのです。

 

そして、会社を辞めたあと、失業保険をもらいにハローワークへ行ったときに、自分が雇用保険に入っていたことを意識するのです。

 

これが、雇用保険に入っていないと失業保険をもらうことができません。

 

えーっ!となり、窓口でよくよく聞いてみると、週20時間以上働いていれば雇用保険に入れるということを知り、窓口の職員に必死に訴えるわけです。

 

ハローワークの職員も、訴えが事実だということがわかれば、会社へ連絡を入れます。そこから調査が始まるのです。

 

もちろん、会社が雇用保険逃れをしていたのであれば、その従業員はさかのぼって手続をしてもらえるので、失業保険をもらえる可能性はあります。

 

ただし、これもさかのぼって雇用保険に入れるのは2年前までです。(給料から保険料が引かれていた場合は2年以上さかのぼれます)

 

失業保険は、雇用保険に加入していた期間によってもらえる金額が変わります。(特に解雇のとき)会社の加入逃れのせいで自分がもらえる失業保険が減ってしまったとしたら、従業員はブチ切れるでしょう。損害賠償請求されてもおかしくありません。

 

それと、女性従業員が多い会社は特に注意してください。

 

今は、子どもを産んだ後、子どもが1歳になるまで、雇用保険から『育児休業給付金』というお金を無税でもらい続けることができます。

 

育児休業給付金は、給料の50%か67%がもらえるので、月20万円くらいの給料の従業員であれば、月に10万円以上のお金が働かなくてももらえるのです。

 

サラリーマン家庭には、この育児休業給付金はものすごく助かります。

ただし、これも雇用保険に入っている、ということが大前提です。

 

育児休業を従業員が取りたいと言ったら、原則会社は拒否できません。

その時、もしも雇用保険に入っていなくて給付金がもらえないとわかったら、従業員はどれだけ会社に不信感を持つでしょうか?

 

はたから見れば、ブラック企業です。

 

役所に通報されるだけでなく、今はインターネットでどうにでもさらされてしまいます。

 

ちなみに、年収130万円のパートさん1人に対して、会社が負担する年間の雇用保険料は11,050円(平成27年度 一般の事業)です。

 

僕が伝えたリスクと比較して、この保険料は高いと思われるでしょうか?