読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『こんなの有り!?』 行政書士が選ぶ変わった名前の会社30選

 

起業するときに会社の名前をどうしようか悩む方も多いと思います。

 

『アルファベットや記号は使えるのかな?』

『あんまりふざけた社名だとまずいのかな?』

 

と、マジメに悩んでいたことがアホらしくなるくらい、実際に存在する変わった名前の会社をご紹介します。

 

1.株式会社うんこ

 

2.株式会社あなたの幸せが私の幸せ世の為人の為人類幸福繋がり創造即ち我らの使命なり今まさに変革の時ここに熱き魂と愛と情鉄の勇気と利他の精神を持つ者が結集せり日々感謝喜び笑顔繋がりを確かな一歩とし地球の永続を約束する公益の志溢れる我らの足跡に歴史の花が咲くいざゆかん浪漫輝く航海へ

 

3.株式会社女は宇宙だ

 

4.すきあいたいヤバい有限会社

 

5.Do阿呆株式会社

 

6.株式会社ぎりハゲじゃない

 

7.株式会社うどんが主食

 

8.hideki感激株式会社

 

9.変な商社株式会社

 

10.株式会社変態カメレオン

 

11.株式会社ドラゴンボール

 

12.株式会社レッドリボン軍

 

13.株式会社下級戦士

 

14.有限会社馬鹿牛豚鶏

 

15.株式会社天皇

 

16.株式会社戦艦大和

 

17.株式会社特攻店長

 

18.一般社団法人宇宙人連合

 

19.株式会社悪の秘密結社

 

20.合同会社誰もが知ってる秘密結社

 

21.有限会社モーニング娘

 

22.最強の株式会社

 

23.あ株式会社

 

24.大麻運送有限会社

 

25.株式会社ど根性カンパニー

 

26.有限会社熱血先生

 

27.株式会社ぬるま湯と情熱の間

 

28.合同会社適当

 

29.株式会社猿&CO.

 

30.株式会社逆走

 

f:id:gyouseishoshikyuujin:20170523124249j:plain

 

いかがでしたでしょうか?

かなり変わった社名が多いですが、すべて法務局で登記されている会社です。ただし、商標や著作権など第三者の権利を侵害したと認められる場合は、たとえ登記ができたとしてもトラブルになってしまうこともあるので、専門家と相談して慎重に決めた方が良いと思います。

 

豊臣秀長に学ぶ 優秀なナンバー2の条件とは?

成長企業には必ず優秀なナンバー2がいる

まさにその言葉がピッタリな人が日本の戦国時代にいました。

 

豊臣秀吉の弟の豊臣秀長です。

 

f:id:gyouseishoshikyuujin:20170317084017j:plain

 

誰、それ?と思う方が多いと思いますが、あまり有名でないということが、彼が優秀なナンバー2であった何よりの証だと思うのです。

 

続きを読む

【裏ワザ】社長のための源泉徴収&年末調整でへそくりを貯める方法

 

僕の知っている社長は、毎年の年末調整が終わると税金が何十万円と戻ってきます。

 

住宅ローン控除があれば、普通の会社員でも10万円~20万円くらいの税金が還ってくることも珍しくありません。

 

でも、その社長に住宅ローン控除はありません。

そして、戻ってきた税金は家族(特に奥さん)に知られず、すべて社長の小遣いになっています。

 

なぜ、社長はそんなことができるのでしょうか?

そこには、年末調整を利用したカラクリがあったのです。

 

続きを読む

赤字を出してはいけない会社とは?

このブログには『会社 赤字』というキーワードで検索してこられる方が多くいます。

やはり、会社が赤字だと心配になる方が多いのだと思います。

 

国税庁のデータによると内国法人の約7割が赤字だそうです。

ですが、赤字が続いても潰れずにずっと営業している会社はいっぱいあります。特に中小零細企業は、赤字と言っても実は税金を払いたくないために、あえて赤字にしているケースが多いのです。

そのことについては前に書きました。

 

shachou-yobikou.hatenablog.com

ですが、中小零細企業であっても赤字を出してしまうと不利な業種もあります。

今回はその点について書いてみたいと思います。

 

続きを読む

起業するなら個人事業と会社どっち?

 起業するときに、個人事業主の方が良いのか、会社の方が良いのかと質問されます。

 

介護業界など許認可の関係で会社じゃないと営業できないような場合を除けば、多くの人が悩むポイントです。

 

ネットで検索すると、やれ税金やら社会保険でどちらが有利だのという難しい話ばかりで余計わからなくなってしまうのではないでしょうか?

 

1.会社はお金がかかる

事業を始めて、ちゃんと売上と利益が出せるかどうか不安であれば、まずは個人事業主として始めることをオススメします。

 

なぜか?

 

続きを読む